サプリメントで中性脂肪を撃退!|栄養成分たっぷりの健康食品

夫婦

健康対策アイテム

おばあちゃん

中性脂肪の高値を指摘された場合には、日頃使用するオイルを見直すのが一つの方法です。亜麻仁油やオリーブオイルを選べば、生活習慣病対策が出来ます。中性脂肪を効率良く下げるためには、オメガ3が含まれる質の良いサプリメントを使用するのがベストです。

読んでみよう

必要な成分を手軽に摂れる

ウェスト

青魚やナッツ類なども有効

体内の中性脂肪値が高いと悪玉コレステロールを増やすことになり、その結果として動脈硬化や高血圧、さらに症状が進むと脳梗塞や心筋梗塞といった疾患を招くリスクが高まります。その中性脂肪値を引き下げることができる食品が実は多く存在するので、知識として知っておきたいところです。例えばイワシやアジ、サバといった青魚類や、クルミなどのナッツ類、クエン酸を豊富に含んでいる黒酢などです。しかしこれらの食品を日常的に摂り続けるのは難しい面もあります。そこでよく利用されているのが中性脂肪を下げることができるサプリメントです。青魚に多く含まれるDHAやEPA、ナッツ類に含まれるαリノレン酸など、中性脂肪引き下げの効果がある成分が多く配合されており、これらのサプリメントを継続的に摂取するだけで、中性脂肪対策が容易に行えます。

DHAやEPA摂取の工夫

効果的に中性脂肪を減らせる代表的な二つの成分が、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)です。中性脂肪を減らすサプリメントでも非常によく配合されている成分であり、LDLコレステロール値を下げる働きも持っています。DHAとEPAが配合された中性脂肪に有効なサプリメントは、摂取に際してより効果的に働きかけるための工夫があります。まず1つ目の工夫として、サプリメント摂取と同時に適度な運動を心掛けることです。有酸素運動、無酸素運動のどちらも血管や循環器を強化して内臓に脂肪をつきにくくします。そして2つ目の工夫として、DHAとEPAのそれぞれがバランスよく配合されたサプリメントを摂取することです。どちらの成分も中性脂肪減少に役立ちますが、特にDHAは脳に働き掛ける効果が強く、EPAは血液のサラサラ効果が望めるので、バランスよく2つの成分を取るのが理想です。

いつまでも元気な身体を

お腹の脂肪

中性脂肪は動脈硬化や高血圧を引き起こす原因のひとつで、進行すれば脳梗塞や心筋梗塞を起こすおそれもあるものです。日々の食生活の改善や運動、アルコール量の管理で減少させることはできますが、サプリメントを取り入れればより手軽に、そして効果的に中性脂肪の上昇を食い止めることができます。

読んでみよう

DHAで動脈硬化を予防

体重を量る

中性脂肪を減らすためには、規則正しい生活習慣が必要です。しかし、それが難しい人はDHAのサプリメントを利用すると良いでしょう。このサプリメントの効果を大きくするために、植物由来の物や、保証がされている物を選ぶことが必要です。

読んでみよう